シャープジャスダロジスティクス(SJL)は、
鴻海グループの物流ソリューション部門を担う
JUSDAとシャープの物流部門との合弁会社として、2016年誕生しました。

SJLは、2016年10月シャープとJUSDAの業務提携により設立され、その後JUSDAの出資により現在の経営体制へ移行しました。設立以来、シャープのロジスティクス総コストを削減し、サプライチェーン管理全体の効率を向上させることで、製造業におけるサプライチェーン管理の価値を実証してきました。 今後もSJLは、ロジスティクスの経験と能力を十分に蓄積し、サプライチェーンマネジメントの経験を幅広い産業分野や国際市場に拡大していきます。

SJL会社概要

2023年04月01日現在

社名
シャープジャスダロジスティクス株式会社
英文:Sharp Jusda Logistics Corporation (略称:SJL)
本社所在地
〒590-8522 大阪府堺市堺区匠町1番地
電話番号
072-282-1438(代表)
代表者
代表取締役社長 楊秋瑾 (Chiu-Chin Yang / Kathy Yang)
設立日
2016年10月3日
資本金
1億6千万円(2022年3月末現在)
従業員数
267名(2023年4月1日現在)
売上高
単体 805億6千万円(2022年12月31日現在)
事業内容
貨物利用運送業、貨物運送取扱業、倉庫業、及びこれらに附帯又は関連する業務、陸運、海運、航空関連代理店業、液晶表示装置その他の表示装置及び電子デバイスの品質サービス並びに修理
国内事業所
札幌市、矢板市、春日部市、千葉市、市川市、浦安市、大和市、名古屋市、白山市、津市、亀山市、三重県多気町、大和郡山市、堺市、八尾市、藤井寺市、貝塚市、米子市、岡山県早島町、東広島市、高松市、福岡市
海外拠点
上海、広州、無錫、香港、マレーシア
海外関係会社
香港、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オランダ、フランス、ドイツ、アメリカ
株主
Jusda International Limted (51%)、シャープ株式会社 (49%)
役員
代表取締役社長 楊秋瑾 (Chiu-Chin Yang / Kathy Yang)
取締役副社長 穆亜男 (Ya-Nan Mu / Jack Mu)
取締役 畑山 尚毅
取締役 小菅 一徳
監査役 梁福春 (Fu-Chun Liang)
主要取引銀行
みずほ銀行
主要取引先
シャープ、JUSDA、鴻海グループ、
日本通運(株)、(株)日新、(株)ヤマタネ、ヤマト運輸(株)、佐川急便(株)

組織体制

SJLは、鴻海グループのサプライチェーンマネージメントを担うJUSDAとシャープの物流部門を一体化し、電子部品・完成品の物流を総合的に提供するロジスティクスソリューション企業です。
組織体制

海外拠点

海外拠点